twitter今さらながらはじめたよ!クリックしてフォローしてね

知ってたらドヤ顔!日本人の半分以上が間違える常識

様々な情報が錯綜する世の中。

ありがたい情報がたくさん入る一方、「マジかよっ!」っていう驚きの情報が入ってくる事もしばしば。

 

その中には、常識なのに日本人の多くが間違えて理解しているモノも結構あります。

完全に僕目線ではありますが、明日から使える!!かもしれない・・・そんな情報を伝えていきます。

昔話題になったTV「トリビアの泉」などの情報も含まれます〜!

 

海苔(のり)を消化できるのは日本人だけ。

 

日本ではお馴染み海苔(のり)。

普段当たり前に食べていますが、実はこの「海苔」消化できるのは日本人だけとの事。

一般的には火を通さない乾燥海苔に限られるようです。韓国海苔は焼いてある海苔に味付けがなされているので、外国人は消化できるのですね。

日本人は古くから、生もの、海草類をそのまま食べる風習がありました。

また、腸内にはこれらを分解するバクテリアが存在し、これは日本人特有な物だそうです。

だからこそ、日本人は海苔を消化できるのですね。  

1万円の製造原価は20円

 

独立行政法人国立印刷局で製造がされる1万円札。

それを製造する原価はなんと約20円。

安っ!て思いますよね。

驚きのお金の原価は以下の通り。

10000円札5000円札2000円札1000円札500円玉
約22円約20円約16円約15円約30円
100円玉50円玉10円玉5円玉1円玉
約25円約20円約10円約7円約3円

500円の減価がナンバーワンです。製造数が少ないのも影響するでしょうしね。

アンデスメロンはアンデス産ではない。

 

これは結構有名になってきたかもしれません。

アンデスメロンは南アメリカ大陸のアンデス山脈、アンデス地方原産のメロンではない。

作って安心、売って安心、買って安心。

そして、メロンは芯を撮って食べる事から 「un shin」。

これらを踏まえ・・・アンシンですメロン・・・アンデスメロンになったようですね。

作り手の願いが大いに詰まった名称です。

日清カップ焼きそばUFOの由来

 

大人気商品、カップ焼きそばのUFOは長年大人気の商品で有名です。

そんなUFOの由来を考えると、多くの人が未確認飛行物体「UFO」を想像するのでは?

UFOの名前の由来は

U「うまい」★ F「ふとい」★ O 「おおきい」という単純な由来です。

大きいが僅かに謎ではありますが、大きいにも色んな意味合いがあるので、生産者の願いが込められている事でしょうね。

アボガドは間違い!?勘違いする外来語

 

日本には数多くの外来語があります。

もともと日本にはなかった言葉がたくさん日常的に使われていますが、間違われて使われている物が多いのです。

誤:アボガド・・・正:アボカド
誤:ナルシスト・・・正:ナルシシスト
誤:リラクゼーション・・・正:リラクセーション
誤:アタッシュケース・・・正:アタッシェケース
誤:エンターテイメント・・・正:エンターテインメント
誤:ギブス・・・正:ギプス
誤:ジャグジー・・・正:ジャクジー

などなど、他にもたくさんありますね。

でも、ナルシシストなんて言っても「はっ?」って言われそうですよね(笑)

知っているだけで僅かにドヤ顔しておきましょう。

姑息は卑怯な事ではない

 

今度は日本語です。

「姑息」という言葉は多くは卑怯というような意味合いで使っている人を見かけます。

正確には「その場しのぎの」という意味を持っています。

僕も知るまでは、間違って理解していましたね。ハイ。。。

 

破天荒芸人というのもありますが、そもそも破天荒とは前例のないことを指しますね。

く〜〜る〜〜♪きっとくる〜〜♬ ではない

 

ご存知、ホラー映画でもお馴染み「リング」シリーズ。挿入歌として使われる「feels like ‘HEAVEN’」

多くの人が「く〜〜る〜♪きっとくる〜〜♬」と口ずさんでいるかもしれません。

ハイ。違うんですね。。

正確には「Oooh きっと来る 」です。「くる」ではなく「おー」なのです。

全然違いそうですが、間違えてしまうのですね!

なぜ、天気予報では「ぐずついた天気」と言う?

 

毎日放送される「天気予報」。

そのなかで、よく「明日は一日ぐずついた天気となるでしょう」

なんて聞く事がありますよね。

 

そんな濁したような言い方しないでハッキリと「明日は悪い天気になるでしょう」と言ってもらえたら助かるのに・・・なんて考える人も少しだけいるかもしれません。

 

何故ハッキリ言わなくて、ぐずついたと言うのか?

答えは、【天気の捉え方は人それぞれだから】です。

どういうことかというと、一般的には【雨=嫌い・残念】という考えが多いかと思いますが、なかには【雨=ラッキー・嬉しい】という人もいるからです。

例えば、【雨が降って新しい傘が使える!嬉しいな!】【久々の雨は作物にとって恵みの雨】というように雨を喜ぶ人も案外多いのです。

 

そのなかで、降雨を【天気が悪い】と結びつけると、天気予報を見ている全ての人に対する配慮が欠けてしまう!

そんな考えから【ぐずついた】というようになったようなんですね。

まとめ

 

博識の人からしたら当然の常識かもしれませんが、結構多くのなるほど!があったのではないでしょうか?

まだまだ数えきれない「なるほど」が日本にはあります。

また面白い情報があれば更新したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です