twitter今さらながらはじめたよ!クリックしてフォローしてね

給油中にガソリンや軽油をこぼしてしまった時のカンタンな対処法

セルフ形式のガソリンスタンドであれば、お客である皆さんが給油しますよね。

自分自身で給油すれば起こりうるのが、燃料(ガソリン・軽油)をこぼしてしまうケース。

ドバっとこぼしてしまった時は、動揺してしまうもの。

 

限りなく満タンにしたいという時に、追加給油した際に起こることが多いようですね。

 

万が一燃料が溢れてしまった。溢れてしまった。そんな時はどうしたら良いのか?

安全第一の観点の元対処法をお伝えしていきます。

万が一の時の対処ができるように理解しておきましょう。

 

ガソリン・軽油は危険物

 

まず前提として理解しておくべきことは、ガソリン・軽油は危険物であるということ。

水・熱湯らとは大きく違い、その扱いには十分注意しなければならない液体となります。

 

万が一燃料をこぼしてしまった際に、そのままにしておくと危険なケースがあるということを理解しておきましょう。

 

燃料を大量にこぼした場合

 

給油終盤に、燃料を大量にこぼした場合、溢れさせてしまった場合には従業員さんに一声かけましょう。

セルフスタンドで従業員が見当たらない場合でも、必ずどこかに(建物の中など)に従業員は居ます。(居なければなりません)

 

給油設備付近にインターホンがあれば、それを使っても良いでしょう。

 

「燃料をこぼしてしまいました」と一声かけるだけでOKです。

従業員さんは「承知しました!」「そのままで結構ですよ!」などと声をかけてくれるでしょう。

 

その後は、従業員さんが現場を確認して一定時間レーンを塞いで燃料が揮発するのを待ったりするでしょう。

MEMO
揮発とは?・・・ 液体が常温で気体となり発散すること。

特にガソリンは揮発性が高いため、そのまま放置しておくだけで早めに気体になっていきます。

注意
揮発性が高い分、引火のしやすさも高いのでスタンド側はポールなどを使用し、レーンが使えないようにすることでしょう。
注意
ちなみに軽油は揮発性が低いので、気体になりにくいです!危険ですので、軽油をこぼした際は必ず申し出ましょう。

 

また排水する溝が近くにある場合には、水で流したりするケースもあるでしょう。

ガソリンや軽油は水より軽いため、水に浮く性質を持っています。

そのため、水で流すことで上手に排水できることにもつながります。

 

プリオ

燃料が少しだけ溢れたくらいなら報告しなくても特に問題はないでしょう!
注意
軽油は揮発性が低く気体になりにくいです。液体として長時間路面に残りやすく引火等の危険性もあるので、必ず申し出ましょう。

 

車のボディに燃料がついた場合

 

車のボディに燃料をこぼしてしまった場合。

ガソリンスタンドでオイル用、もしくは燃料を拭き取る専用のタオルがあればそれで拭き取りましょう。

 

窓拭き用のタオルで拭いたりすると、油が付着しタオルの劣化を早めたり、油のニオイが付着し、スタンドや他のお客に迷惑をかけることにも繋がるのでやめましょう。

拭き取り用のタオルが見つからない場合には、従業員さんに聞いてみましょう。

 

また可能であれば、水を流せる設備があれば軽く給油口付近を水で流しましょう。

これだけでOKです!

 

ガソリンや軽油は結構匂いの強い液体ですので、水で流せると後にも残らないのでオススメです。

 

まとめ

 

ガソリンスタンドは火気厳禁が常識なので、こぼした燃料に誰かが引火させることはないかとは思いますが、液体は危険物であることを理解した上で安全な対処をしていきましょう。

 

上述したように、特に大量の燃料をこぼしてしまった際には最低限店員さんに報告をしましょう。

あなたのその行動が、自分自身や周りの人を安全な環境へ変えていくことでしょう。

 

ただこぼしただけでは危険ではありませんので、慌てず落ち着いて対処できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です