twitter今さらながらはじめたよ!クリックしてフォローしてね

魚の骨が喉に!!どうしても取れない場合の対処法

魚の骨が喉につかえる・刺さる。

こんなことは、生活していれば起こったことがあるかもしれません。

 

しかし本格的に喉に刺さると、何をしても取れなくて気持ち悪い思いをすることもあります。

ボクも今年、魚(アジの開き)の骨が喉に深く刺さり、非常に苦しい思いをしました。

そんな経験も踏まえて、どうしても取れない魚の骨の取り方をお伝えします。

魚の骨が刺さったら最初にやること

 

恐らく全ての人が最初にやることは、軽く咳払い・胆を切るなどして骨を取ろうとします。

そして、指を口内に突っ込んで骨の箇所の確認、出来るならば掴んで抜く。

時には、お米などを飲み込むなどして、骨を取ろうとします。

これらが一般的ではないでしょうか。

ご飯の飲み込みは危険!

 

よく、骨が喉に刺さったらご飯を飲み込むと良いと言います。

ボクも骨が喉に刺さった時には、結構な頻度でお米を飲み込んできました。

 

最近、アジの骨が刺さった時にもお米を飲み込みましたが痛みを感じてやめました。

お米を飲み込むと、刺さっている骨を更に奥に押し込んでしまう可能性があるのです。

また、傷が広がったり、骨が折れて残りの骨が喉に残る可能性もあります。

そして、出血する可能性もあるので注意が必要です。

ピンセットで抜こうとしてみる

 

お米は骨を奥に押し込む可能性があります。

骨は抜かなければいけないので、ピンセットで抜こうとするのはアリです!

 

ただし、骨は喉の奥に居るので、鏡を見ながらピンセットで抜こうとしてもなかなか難しい。

距離が遠いのも難しい要因でもあるが、一番の壁は「舌の奥」にピンセットが触れるなどして「おえ〜」っとなってしまうことです。

こうなってしまうと、骨が刺さっている痛みと、おえ〜っ!となる恐怖でなかなか抜くことが出来なくなってきます。

ボクの場合は、痛み・恐怖が組み合わさり、胆を切るように唾を吐くと血まじりで非常に苦しかったのです。

人間の体のメカニズムとして、舌の根元に物が触れたりすると防御反応から「おえぇ〜」と嗚咽してしまうのです。

どうしてもダメなら必ず病院へ・・・

 

基本的に医療関係の方の意見としては、骨が喉に刺さり取れなければ病院へ行くことを勧められます。

その日、ボクは22時頃の遅めの夕食を食している最中でした。

病院へ行こうとしても夜間診療のある病院しか行けません。

病院へ問い合わせをして、夜間診療をしている総合病院へ向かいました。

 

大概が昼間のケースが多いと思います。

昼間であれば専門の先生が居たりするので対処をしてもらう事が可能でしょう。

夜間診療なら専門の先生が居ない可能性がある

 

実際にボクが困ったのは、魚の骨を安全に抜いてくれる専門の先生が居なかったことです。

従来魚の骨の処理は「耳鼻咽喉科」の先生が専門なのですが、ボクが行った時は「内科」の若い先生しか居ませんでした。

しかも、少し頼りなさそうな・・・

夜間の診療に多くを求めない方がいいかもしれませんね。

先生に抜いてもらおうとするが・・・

 

自分で抜こうとしても「おえっ!」となってしまう。

だからこそ、他の人に抜いてもらう。

ピンセットを持ち、内科の先生が抜こうとしましたが、どうしても舌の奥にピンセットが触れてしまい「おえ〜!」となってしまいます。

 

そして、先生は目があまり良くなかったため、喉の骨が見えないようです。

ボクは鏡から見えるんですが・・・

 

そして、先生はピンセットをボクに預け、「鏡を持ってるから自分で頑張って」と・・・

・・・ここは本当に病院か・・・!?と苦しみながら思います。

プリオ

生きるも地獄なんです・・・

 

少し長めのピンセットを使っても上手くいきません。

非常に苦しく、ボクの体力も落ちていきます。

最後の手段で骨を抜くことに成功!

 

どうにもならず、ボク・先生・ナースさんもお手上げ状態でした。

そこで、先生が液状の麻酔をかけてみようか!?と言い出しました。

 

「なんじゃそりゃ!?」

と心の中で思いましたが、解決できる可能性があるならなんでもする!

そんな覚悟が出来上がっていました。

 

それは、霧吹きのようなボトルに透明の液状麻酔が入っているものです。

口から息を吸って下さいね!と言われ、息を吸うと同時に霧吹きの要領で口内全体にスプレーします。

何回かそれを繰り返していると口内が「ボ〜」っとしてきます。

そして、更に時間が経つと完全に口内の感覚が無くなりました。

 

そのタイミングでピンセットを握り、再度骨に向かってアプローチ。

すると、感覚が麻痺しているため、ピンセットが舌に触れても「おえ〜」っとなりません。

更に奥にピンセットを入れ、やっとのことで骨を引き抜くことに成功しました。

骨はやや太めで、長さ3センチ程の非常に長い骨でした。

痛いわけですわ。。。

 

※ただ麻酔を使用するものなので、もしかしたら簡単に使わせてくれないかもしれません。

夜間診療は割高ですよ!

 

診察室に30分くらいは居たと思います。

なんとか骨は抜けたものの、夜間の診察代はお高いのです。

約4,500円程掛かりました。

あの苦しみから脱出できるならば良しとしよう!

口の中は麻酔のせいで感覚はしばらく無いままだけど、喜びの心境で帰宅です。

まとめ

 

まず、魚を食べる時は骨に注意するのが大前提ですね。

もし刺さって抜けなければ、病院へ行って処置をしてもらうことが何よりもオススメ。

日中であれば、耳鼻咽喉科へ。

 

最悪夜間であれば、専門の先生が居ない可能性があります。

その場合には、今回ボクが処置してもらった方法をしてもらうのも手かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です