twitter今さらながらはじめたよ!クリックしてフォローしてね

持たない手はない!劇的に早いENEOS新決済ツールEneKey(エネキー)とは?

2019年7月1日より大手ガソリンスタンド「ENEOS」から新決済ツール「EneKey」(エネキー)が登場!

新時代に向けた超高速決済ツールとして、今後間違いなく需要が高まると考える。

 

そして、これまで様々なカードなどの決済ツールを使用してきた方にとっては、きっと使わない手はない!と思える事になるだろう。

この記事では、新決済ツールEneKeyの持ち方・使い方・注意点・疑問点などを詳しく解説!

これからEneKeyを持とうとしている方、興味を持っている方、是非一読を!

 

EneKeyの特徴を説明しよう!

まずは新決済ツールのEneKeyとはどんな特徴なのかを解説しよう!

 

発行も給油も超早い!

 

EneKeyは、小型の決済ツールで電子マネー同様の決済速度で簡単に素早く給油ができる!

登録は基本、ガソリンスタンド内で店員さんに申し出て、発行していく流れ。(発行時間およそ3分)

 

持ち物は免許証とクレジットカードだけ!

 

EneKeyを作りたい際には、スタンドに必ず免許証・EneKeyに紐づけるクレジットカードを持って行こう!

それだけで、自分のEneKeyが作成できるぞ!

 

例えばこれまでクレジットカードを使用して、決済をしていたならばそのカードをEneKeyに紐付けしていくことで、給油時の時間経過を最小限に抑えることができる。

これまでの価格同様で、スピード決済になるので、基本的にはデメリットがなく使わない手がないのだ。

注意
スピードパスからEneKeyへの切り替えはこの限りではなく、WEBでの対応もできるようだ

 

エネキーはどこで使えるの?

なお、EneKeyを使用できる場所は、セルフのガソリンスタンドのみだ。

給油だけでなく、その店舗でのカーメンテナンスの支払いにも使用することができる

注意
電子マネー自体のシステムを導入していない店舗もあるので注意しよう!

 

入会金・手数料無料は?

 

EneKeyは発行するにも、使うにも、継続していくにも、全て無料で使うことができる!

お金がかからなくて便利ならば、使わない手はないのだ!

 

鍵に一緒につけられるキーホルダータイプ

EneKeyは小型で、リングがついているので、手持ちの車の鍵にも一緒につけることができる。

キーホールダー同様だ!基本的には車に乗るときにEneKeyを使うので、一緒にしていて問題ないだろう!

 

紛失・盗難補償が安心感が強すぎる!

 

たとえ紛失したり、盗難された場合でも安心。

紛失・盗難された際に、ヘルプデスク等に連絡した日の60日前〜3日後の不正利用があった際には、最大60万円を限度に保障される。

結構しっかりした保障制度だが、安心安心と言ってしっかり管理しないとダメだからね!

 

日々の限度額と使用限度回数が存在する。

 

EneKeyは、使用するにあたって限度額、使用限度回数の決まりがある。

販売金額は1回で最高15,000円まで、利用は1日4回までのルールとなる。

 

Tポイントをエネキーにつける方法

 

EneKeyを発行する場合には,

Tポイントカードを紐付けさせることも可能。

ただ、それは一般的な提携カードのみ。

 

↑表1

 

元売クレジットカードは、ENEOSの特典が付帯されているクレジットカード(ENEOSカード)だ。

 

ENEOSカードには

  • ポイントタイプの【Pカード】
  • スタンダードタイプの【Sカード】
  • キャッシュバックタイプの【Cカード】

 

以上の種類があり、それぞれによって特徴があり、使うことで得られる恩恵も変わってくる。

詳しくは以下を参考にしてほしい。(JXTGエネルギーより)

↑表2

 

これらのカードは既に、独自の特典が付与されたカードなので、それ以上の特典は付与されないことになっている。

よって表2の左側のカードのように、特典のついたクレジットカードの場合は【T-ポイント】が給油で加算されないということになる。

 

また、表1の右側のように「Amazonカード」などの一般提携カードについては、Tポイントを貯めることができる。

Tポイントを紐付けられる提携カードとできないカードがあるので、不明ならスタッフに確認してもらおう。

 

ENEOS系列の最も安い給油方法

 

ENEOS系列で最も安い給油方法は、「ENEOSカード」から給油する方法だ。

上記で述べたように、3種類のカードの中でそれぞれの特典・恩恵がある。

自分に見合ったカードを選択することで、最安値+特典が得られる。

 

そして、EneKeyに契約したカードを紐づけることで、最安値で最速給油が実現するわけだ!

提携カードでTポイントを貯める方法もあるが、この場合Tポイントは200円で1ポイントの付与。

週に1回、レギュラー140円のガソリンを50ℓ給油したら7000円で、月に28000円の燃料代となる。

これにより、ひと月に付与される合計Tポイントは140ポイントと、案外大した付与率ではない。

 

 

Tポイントはつかないが、ENEOSカード払いであれば、どこのスタンドも最安値の価格にしているはず。

提携カード払いよりENEOSカードの方が給油価格は安いこととなるのだ。

上記の例を用いるなら2円安い138円のガソリン価格として計算すると、月にかかる燃料代は27600円と400円の差。

提携カード+Tカードを併用した支払い方法を持っても、この安さには及ばない。

 

さらにここからENEOSカードの恩恵が入るのだから、ENEOSで給油するならENEOSカードがファーストチョイスと言わざるを得ない。(提携カード自体の恩恵は加味していない)

↑ENEOS最安値+恩恵ありのENEOSカードを作ってEneKeyに紐付けよう!

EneKeyのキャンペーンもあったりするので、ないよりはあった方が良い!

EneKeyの使い方

 

ガソリンスタンドで3分少々の時間でEneKeyを作ってもらうことができたらいよいよ使用をします!

スタンドによって、タッチパネルの違いもあると思うが、参考にしてほしい!

タッチぱパネルのトップページで、【電子マネー】を選択。若しくは直接【EneKey】を選択。

ちなみのこちらの画面は、【電子マネー】を選択した際のページ。

昔では想像できないほどの、電子マネーの充実さだ!

ここでも【EneKey】を選択しよう!

そしてEneKeyを手に持ち、センサー部ににタッチ!

すると、「エネキー♬」という女性の声が響く。↓

 

 

これで、エネキーの情報が機械に読み込まれたため、油種を選択して給油をすることができる。

あっという間だね!

 

よくある質問

 

登録情報を変えられるのか?

 

例えば、登録したクレジットカードの変更、Tカードの変更は可能。

ガソリンスタンドスタッフに聞いてみよう。

複数のEneKeyに1つのTポイントカードを充てがうことができるの?

 

できません。1つのEneKeyに1つのTポイントカードです。

 

解約方法は?

 

運用当初の時点では、解約方法のシステムは完成していませんが、今後おそらくコールセンターができるようだ。

 

EneKeyの登録はできたのに、給油しようとすると給油できませんと表示される。

 

ガソリンスタンドのタッチパネルでエラーが出ても、スタッフは分からないことが多い。

店のシステムの原因ではなく、お客のカード(クレジット)のエラーの可能性も考えられるためだ。

特に使用限度額等問題なければ、時間をおいてから設定してみよう。

 

これでなぜか直るケースもあるようだ。

 

利用者は間違いなく激増する!置いていかれるなよ!

 

EneKeyの利用者は間違いなく激増する!

大きなデメリットもなく、素早く決済できるし、お金もかからずEneKeyに移行できるから!

 

また、この決済ツールを開発した「JXTG」は傘下に置くガソリンスタンド会社に対して、顧客にEneKeyを推進するように働きかけるだろう。

ちょっとした時間短縮になるだろうが、このわずかな時間の節約が、あなたの気持ちを良いものにしていくだろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です