twitter今さらながらはじめたよ!クリックしてフォローしてね

【経験談】しゃっくりをカンタンに止める一番効果的な方法

しゃっくりは出始めたら大変ですよね。

しゃっくりが出ることで、仕事に集中できなくなったり、気分がよくなくなったりと、良いことはありません。

 

そんなしゃっくりを止める方法は、世の中に沢山あります。

 

効果的なもの。

効果的でないもの。

または人によってそれぞれです。

 

そんな中様々試した筆者の私が一番効果的だった方法と、その方法のアレンジなど、、、

たった1つだけ紹介します。

 

誰かの参考になれば嬉しいです^_^

しゃっくりは、なぜ出るのか?

 

しゃっくりは何故出るのか?

 

しゃっくりは、簡単に言うと人間の胸部にある横隔膜の痙攣のことを指します。

 

このけいれんが始まると、自然回復をするまでの数分間は共にしなければなりません。

 

実は研究においても医学的にも、このしゃっくりの発生理由は明確になっていません。

永遠に謎のテーマなのかもしれません。

しゃくりはどんな時に出るのか?

 

しゃっくりはどんな時に出るのか?

様々な人の経験上、しゃっくりはリラックスしている時に起きやすいものだと見ています。

 

 

例えば運動中や仕事で取引先と電話している時など、集中しているシチュエーションではしゃっくりは起こった経験はあまりないですよね。

 

どちらかと言うと、テレビを見ていたり、ボーッとしていたり身も心もリラックスしている状態の時に起こりやすいですよね。

しゃっくりとリラックス状態は何かしら密接な関係がありそうです。

 

経験した最も効果的なしゃっくりの止め方

 

個人的に一番即効性があり、効果的な止め方だったのは、『首を丸めて水を飲むこと』です。

 

どのようにするかと言うと、コップに入った飲み物(水やお茶など)を通常の飲み口から飲むのではなく、反対側の飲み口から飲むということ。

 

従来の飲み方で、コップの奥側に口をつけて啜るように飲んでいく形になるのでどうしても首が丸まる形になります。

少し息苦しさを感じますが、我慢して飲み物を飲んでいきましょう。

 

個人差はありますが、これだけでしゃっくりが止まることがあるのです。(経験上止まらなかったケースもあり)

この飲み方ができない人へ!アレンジ方法

 

様々な理由があり、上記で述べたような飲み方ができないケースもあります。

  • 授業、講義中
  • 電車の中
  • 周りに人が多い時

これらの場合に首を丸めて飲み物を飲む行為は、周囲の人の目を引きますし、ちょっと見られたら恥ずかしい。

上手に飲めなくて、口からこぼれたら恥ずかしいなど

 

要はこの飲み方をする場合には、多少スペースや人目につかないところで、という環境が必要だったりします。

そんな時にはカンタンにできる以下のようなアレンジをしてみましょう。

 

 

飲み物を口に含んで首を丸めて飲み込む。

↑この写真は礼の最敬礼の写真ですが、例えるならばこのように首を丸めた状態で飲み物を飲むということ。

もちろん座っていてもOKなのです。

 

 

どうしても、コップやペットボトルに口をつけ飲もうとするから難しかったり、絵的に恥ずかしくなってしまうのです。

別にそのようにしなくても、飲み込む時に首を丸めてゴクリといけば、形としては同じです。

 

これでしゃっくりが止まるなら、コップやペットボトルに口をつけて飲むより楽チンですよね。

 

個人的には、こちらの飲み方をお勧めしたいです。

先日、この飲み方でピタっとしゃっくりが止まりましたよ。

 

もちろん冒頭でも述べたように、個人差があるのでご理解の上おためしくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です