twitter今さらながらはじめたよ!クリックしてフォローしてね

紙幣が機械に読まれない!シワ?汚れ?主な原因を追求し解決だ!

人から人へお金を支払う以外に、紙幣を機械に投入することがありますよね!

その時になかなか紙幣が機械に読み込まれなくて困った・・・なんて人はいませんか?

筆者も機械に入らなくて、めちゃくちゃイライラした経験があります。

 

入らない原因はいくつかあるようなのですが、案外意外な原因もあったりします。

もしも紙幣が入らない時の対処法も頭に入れていくことによって、万が一の際に対処できますよね。

そんな情報をお伝えします。

紙幣を機械へ入れるシーンは?

主に紙幣を機械に投入するシーンはどういうものがあるでしょう?

  • 自動販売機
  • 有料駐車場
  • セルフガソリンスタンド
  • パチンコ・パチスロ
  • 飲食店の券売機
  • 銀行の投入機

数え上げればきりがありませんが、現代は便利な機械の普及が目立ち、人件費をかけない目的もありこのような機械も増えてきています。

このような場所で、紙幣が入らない場合はどうしましょう。

 

紙幣が機械に入らない原因の多くは皮脂

 

紙幣が機械に入らない場合のあるあるとして以下のようなことをしませんか?

  • 紙幣に折り目をつけてみる
  • 紙幣を入れる向きを変えてみる
  • 違う機械に入れてみる

上記のような方法でも解決することもありますが、案外多くの人が気づいていない原因があるのです。

それは「皮脂」です。

皮脂は、人間から分泌される「油分」です。

よく脂が付着している紙幣を見たことありませんか?

上記の写真では、透かしの部分にじんわり油分が付着しています。

油分が付着した紙幣は高確率で入金投入をさせてもらえません。

紙幣に脂(油)は天敵なのです。

 

同じような原理で人間からも油分を生み出すので、その油分が紙幣にべっとり付着していれば入金する際に紙幣として認識してもらえなくなるということです。

ボクも入金できない紙幣をよく見てみましたが、肉眼では油分を認識できないケースがほとんど。

言うなれば、目に見えない皮脂が紙幣に付着しているケースが多いのです。

皮脂のついた紙幣の対処法

 

万が一紙幣が入金機に読み取ってもらえない時はどうしたら良いのか?

その場で対処できる方法としては、「皮脂を拭き取る」のが一番最適な方法です。

上記で紹介した写真の油付着のようにべっとり付着していれば難しいですが、目に見えない程度の皮脂が原因の場合は軽く拭き取りだけで解決できる場合があります。

  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 衣服

などを使って簡易的に拭き取るだけで解決するかもしれません。

自分の衣服やハンカチなどを使って、誰のものかわからない皮脂を拭き取るのに抵抗がある人がいるかもしれませんがそのような方はティッシュでも良いでしょう。

まとめ

 

入金機で紙幣を投入するシーンでは、必要以上に荷物は持っていないと思うので、上記のように「ハンカチ」「ティッシュ」「衣服」等で拭き取るのが一番ベターな方法でしょう。

もし、水で濡らしたタオルなどで拭き取る場合は、紙幣が乾くまで使用できませんので即効性を求める場合には効果的ではありません。

一つ、豆知識として頭に入れておいてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です