twitter今さらながらはじめたよ!クリックしてフォローしてね

「ミニセグウェイ」キントーンを実際に購入し乗ってみた感想

「ミニセグウェイ」をご存知ですか?

まず「セグウェイ」とは電動立ち乗り二輪車のことで、ハワイなどの観光地にあるアレです!

 

徒歩より早く、走るより緩やかに・・・

ちょうどいい速度で進んだり曲がったりできるアイテムです。

 

もちろん、多くの人が知っているセグウェイは、幅や高さがそれなりに大きく、管理するのには難しいのです。

観光の中で、アクティビティ等で試すのがセオリーでしょうね!

 

ミニセグウェイとは、そんなセグウェイを「コンパクト」「軽量化」「スタイリッシュ」「安価」にした物なのです。

世界的にも有名になってきたアイテムでありますが、筆者のボク自身が欲しくて、気になって思わず衝動買い!!

 

予約販売でもある、有名メーカーの新商品を乗るまでの過程を記事にすることにしました。

 

芸能人もアスリートも愛用している

 

ミニセグウェイは世界的には勿論、国内でもジワジワと人気を帯びてきています。

メディアでも放送されていましたが、【嵐の大野智さん】【サッカーの香川真司選手】も自宅や行動エリアでミニセグウェイを愛用していることで話題になりました。

YOUTUBEのこちらの動画は、香川真司選手が自宅でセグウェイしている様子。

下部からは、LEDライトが照らされ綺麗ですね!

 

近未来的なビジュアルも話題になり、価格も驚くほど莫大な値段ではないため、思わず購入してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

日本でセグウェイ買うならこれにするんだ!

 

ミニセグウェイを販売するメーカーは沢山あります。

メーカーごとに「価格」「性能」「強度」「安全性」「補償」も大きく違ってきます。

 

今回筆者が、あらゆるサイトや、通販での評判、テレビでの評価をまとめて日本人が購入する際に一番お勧めできるセグウェイはこれです!

もちろん、筆者は既に購入しました!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こちらは、「キントーン(KINTONE)」という製品です。

筋斗雲をモチーフにしているのですね。

こちらの製品は、発売から現在まで多くのユーザーに支持されていて、筆者調べではトータルの使用感想ではナンバーワンと感じた商品です。

↓こちらのリンクから正規販売サイトへ直通します。

 

キントーンのメリット&デメリット

 

キントーンは他のメーカーと比較して多くのメリットがあります。

耐久性はミニセグウェイトップレベル

 

キントーンの一番のメリットはこれではないかと思います。

ABSPCという頑丈な素材を使っているので衝撃に強く、1万回以上の耐衝撃テスト済みとのこと。

 

以前、テレビで放送されていましたが、類似品(ニセモノ・安価)な商品は、耐久性が非常に弱く、少し高いところから落下すれば綺麗に割れてしまったりします。

 

対して、キントーンの耐久性は強いのが特徴。

これは、安全に長期間遊ぶということを考えれば、絶対必要なところでしょう。

 

日本語での保証書&説明書付き

日本人に優しい日本語での保証書と説明書が付いております。(半年間)

メーカーによっては、英語表記や補償期間1ヶ月など、ユーザーが不安になる補償内容のメーカーもありますが、調べた中では優秀な補償内容です。

 

100%正規品

 

お勧めしているサイトは、100%正規品を取り扱うサイトです。

以前、ミニセグウェイのテレビを見ましたが、中国産などの類似商品も安価で市場に出回っているようです。

正規品ではないニセモノを、高品質として扱うサイトもある中で、このサイトは信用がおけます。

 

過充電防止装置付き

 

キントーンには過充電防止装置が常に起動しており、充電中はもちろん、製品からの発火はないと言い切っております。

 

と言うのも、特に中国製の製品ではあったのですが、充電中や使用中に製品から発火するというトラブルが頻発している現状があったようです。

 

 

こんなトラブルはあってはなりません。

キントーンは、このようなロークオリティの製品とは一緒にされたくはないでしょう。

公式サイトには、「当店の商品は発火の危険性はございませんのでご安心ください」と明確に記載されています。

 

防水性に長けている

 

キントーンはある程度の量までの防水性に長けていると書かれています。

さすがに水の中や豪雨の中で乗る人はいないと思いますが・・・

ちょっと濡れても全く問題ないようです。

 

USBケーブル付き

 

これはおまけ要素ですが、スマホを充電しながら乗ることができるようです。

こんなの必要?

 

そんなことを考えましたが、いろんな意味で時代に沿った設備なんだと気付きました。

推奨されるものではないかもしれませんが、ポケモンをしながらライドする人も多いのでは・・・

 

デメリットは価格とbluetooth機能がないこと

 

筆者が思うデメリットは2つ。

1・キントーンより安価なミニセグウェイは幾つかあるということ。

 

価格については定価48,900円するものです。

キタムラ

クラシックモデルなら29,800円とのことです。

市場には、それよりも安価なミニセグウェイは幾つかあります。

この価格をどう見るかです。

 

キントーン製品は、「安心」「安全」「ブランド」「信頼」という言葉がキーワードとしてはぴったりだと感じました。

その部分に価値観が反応する方は買うべきだと感じます。

 

また、時期により割引販売もしているのでそれを利用すれば、いくらか安価で購入できます。

 

 

2・bluetooth機能が付いていないこと。

 

正直この機能は筆者が欲しかったもの。

様々な製品を見ていくと、「bluetooth」が備わっているミニセグウェイもありました。

 

要は、音楽をミニセグウェイとbluetoothで接続して、付属されているスピーカーから音を出力するということです。

完全にドライブ感覚で乗ることができて楽しそうですよね。

 

キントーンにはこの設備は無いようです。

ミニセグウェイ自体の課題は乗る場所

 

一番の懸念はミニセグウェイを乗る場所についてです。

日本では、公道では使用できないということ。

 

私有地や公園などでの使用が推奨されています。

 

必ず安全に遊ばなければなりませんので、この辺は守らなければならないところ。

万が一、他の人に怪我をさせたら大変ですからね。

 

商品が届いたら、レポートします!

 

セグウェイが届いたら、使用感など細かくレポートしたいと思います。

お楽しみに!!

キントーン届いたっ!!

 

約3週間から1ヶ月遅れで新型ミニセグウェイが届きました。

ドスンとかなり重いです。

まずは、専用の手提げバッグが出てきます。

ブラックで、キントーンのロゴが入っています。

そしてその下に商品の専用箱。

こちらも黒ベースで、ゴールドの豪華な配色。

MADE IN CHINA はちょっと気がかり。。

 

専用箱を開封するといよいよお目見えです。

ご覧のように、ミニセグウェイ、充電用コード、バッテリー、取扱説明所が同梱。

ちなみに、取扱説明書はちょっと日本語が怪しい部分が・・・

正規品との事ですが、もっとこの辺のクオリティは上げて欲しいです!

 

右の受け口が、充電用の受け口。

真ん中がUSBを受ける事が出来る専用口。スマホを充電しながら使う事ができそうです。

一番左は、電源ボタンです。

 

充電プラグを入れるとこんな感じ。

充電は2・3時間あれば完了します。

 

サイド側から・・・かっこいいですね。

 

真上から見るとこんな感じ。

シンプルな色合いで落ち着いていますね。

 

実際の使用感は?

 

そして、充電後実際に乗ってみる事にします。

・・・これがまたちょっと怖い。

 

電源オンにしたまま乗るのですが、片足ずつ乗るのに少しでも重心が動くとセグウェイも敏感に反応するので、これに慣れるまでが少し難しかったです。

ですが、5分とまではいきませんでしたが、10分もすればとてもゆっくりですが操作ができるようになりました。

 

30分もすれば、直進・バック・旋回も違和感なくできるようになりました。

操作感はとても良く、うまく操作できるとなかなか楽しいです。

新感覚の遊びですよ!

 

また、背面にはLEDブルーランプが走行時に点灯しますので、ちょっとかっこいいです。

数日練習すれば、速度を上げて遊ぶ事ができるでしょう。

トータル的に見て、非常に新鮮で楽しいです!

「高品質ミニセグウェイ」キントーンの購入はこちら↑の正規販売サイトから。

飽きなければいいなぁ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です