twitter今さらながらはじめたよ!クリックしてフォローしてね

冬は車のエンジン始動に要注意!その理由は「猫」!?

例年冬は寒い!

冬になると冬眠する動物いれば、寒い中乗り越えていく動物も居ます。

 

寒い冬を乗り越えていく動物の中で、特に我々人間が注意しなければならない動物が居ます。

それは「猫」です。

 

一人一人の心遣いで、猫の命を救う事にも繋がります。

自動車を持っている人は是非とも気にかけて下さい。

車のエンジンルーム・タイヤの上に猫

 

寒い冬が訪れると、暖かい所が大好きな猫はまだ温度の残る車のエンジンルームに侵入したり、タイヤの上の隙間に入り込んでしまうケースが多いようです。

 

そのまま運転手が気づかず、エンジンをかけると・・・

エンジンルームに居た猫は、ベルトに巻き込まれたり、高温のエンジン熱で焼けてしまったりする可能性があります

 

特に、エンジンルームに侵入する猫はほとんどが子猫であり、エンジンをかけるとパニックになり、ベルトに巻き込まれるケースが増えている模様。

そうなってしまえば、その後の処理や、エンジン系統の故障も考えられます。

 

また、タイヤの上で暖をとっていた猫は、エンジンをかけ、急な発進をすれば、轢いてしまう可能性すらあります。

特に冬の自動車は、住まいの無い猫にとって居心地の良い場所なのです。

 

運転手が猫に気づかず、最悪のケースを招く前に是非とも意識して行動してもらいたい事があります。

18928f79e67a2f4796d27ddae4f0ee6b_s
起きろ!猫ちゃん!

猫を可哀想な目に遭わさないための対策

 

簡単ではありますが、このような猫たちを可哀想な目に遭わせないためにも、運転手さんたちに意識しておいて欲しい事もあります。

 

軽くボンネットをノックする

 

車に乗る時にこの動作1つで、臆病な猫は車から逃げ出す可能性が上がります。

あまり音が小さすぎても猫が気づかなければ意味が無いですが・・・

 

強めにドアを閉める

 

恐らくコレが一番効果的でしょうね。

強めにドアを閉める事で、猫が居れば間違いなくその音に気づくでしょう。

タイヤの上に猫が居たなら、すぐ車から逃げ出すでしょう。

強めにドアを閉めて、少し時間を空けてエンジンを動かすのがいいでしょう。

 

クラクションを鳴らしてからエンジンをかける

 

これをすることで、エンジンルームに猫が居れば間違いなく驚いて逃げようとするでしょう。

ただ、住宅街など人が多い箇所でこの行動はやりにくいかもしれませんね。

 

ボンネットを開け閉めして確認

 

エンジンルーム内に隠れている猫対策としては、コレが一番効果的でしょう。

音を立てられる事が出来るのと同時に、目視で確認することができます。

ただ、この行動もなかなか気力のいる行動かもしれませんね。

まとめ

 

猫が可哀想な目に遭ってしまったら、猫も人間も辛くなります。

そんな現象を未然に防ぐためにも、我々人間が意識して上記の行動をすることによって活かすべき命が救われます。

コレから自動車に乗る時には、ちょっとした優しさの一手間をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です